独立した建物

一戸建ての魅力について

一戸建て住宅は人気がある住宅の一つです。一戸建て住宅には様々な魅力がありますが、その一つに分譲マンションとは違い、建物が独立していることです。独立していることで、住宅を所有しているという気分になれますし、何より隣と壁一枚で仕切られているわけではないため、声やテレビの音、足音などをそれほど気にする必要がないということです。これにより子供をのびのびと育てることが可能になります。また、資産価値もあります。分譲マンションに比べると、分譲マンションはその空間を購入しただけですが、一戸建てはその建物を購入しただけでなく土地を購入しているため、資産として子供たちに残すことが可能なのです。多少地価が下がっても0円にはなることはありません。

その金額についてはどうでしょうか

一戸建て住宅を購入する場合、あるいは建築する場合その金額についてはどうでしょうか。通常一戸建て住宅は、土地を購入し(あるいは土地を所有し)その上に建物を建てる注文住宅のような形か、土地と建物を同時に購入する建売住宅のような形が多いのです。いずれにしても土地をすでに所有していないのであれば、建物と土地にお金がかかるということです。土地については、どこに住むかで随分変わってきますが建物については、多少違いがあるものの同じ面積であればそれほど大きな価格差はありません。建物の平均価格は注文住宅の場合が2800万円程度、建売住宅が2000万円程度と言われています。これに土地の価格を足せばおよその住宅の価格がわかるはずです。