利便性の高さ

東武東上線は非常に利便性の高い路線です

東京と埼玉県を結ぶ東武東上線は池袋から成増までが東京都となり、その隣接する和光市からが埼玉県となります。そして和光市からは、東武東上線以外の路線として、地下鉄有楽町線と副都心線がはしっており、飯田橋や市ヶ谷、新宿や池袋といった池袋以外の主要エリアへのアクセスが容易にできるという大きなメリットがあります。和光市からの地価は大幅に下がっていくため、利便性の高さ以外にも、住宅購入が行いやすいという魅力的なエリアとなり、和光市から川越にかけての物件は非常に人気があります。特に、急行停車駅である和光市、朝霞台、志木、ふじみ野、川越では、比較的部件数が多く、駅近ではマンションが、駅から離れれば一戸建て住宅が目立ちます。

お得な一戸建て住宅が多くあります

東武東上線の物件は最近になって増えており、特に一戸建て住宅は、比較的安価で購入できる建売住宅が注目されています。池袋まで15分前後で行くことができる朝霞台や志木といったエリアでは、駅から徒歩30分程度のもので3000前後という低価格の住宅が多くあり、自転車や本数の多いバスを利用することでその通勤、通学時間を大幅にカットすること可能となります。こうした低価格な一戸建て住宅は今現在でも数おおく建てられており、住宅街としての再開発が行われているため、新しい街での生活をはじめることが可能といえます。そして、東武東上線の急行停車駅は非常に発展しており、大型店舗や飲食店の数が豊富で生活に非常に便利な町といえます。一戸建て住宅が多く建てられているエリアはこうした大型店舗が充実しているため、駅から離れていても不便さを感じることは無いといっても良いでしょう。